カードローンとキャッシングにはどのような違いがあるのでしょうか

カードローンとキャッシングにはどのような違いがあるのでしょうか。カードローンとは、限度額の範囲内であれば、何回でも繰り返し融資が受けられるという金融商品で、クレジットカードやキャッシュカードを使って手続きをします。カードローンの場合、直接窓口はもちろん、ATMやキャッシュディスペンサーで借り入れすることができます。返済は1度にまとめて行うのではなく、何回かに分割して行います。毎月一定金額を返済して、最終的に全額返済を終えるという方式が、最もよく採用されています。一方、クレジットカードや、キャッシュカードを使ってATMやCDを操作することで、あらかじめ取り決められていた金額を借り入れるという方法が、キャッシングと呼ばれるものです。キャッシングと、カードローンの大きな違いは、返済のやり方の差です。カードローンでは毎月少しずつ返済していくものを、キャッシングでは翌月に利息を足してまとめて返済します。近年では、キャッシングの支払いに対しても、リボ払いという分割払いの方法が使えるものがあるようです。カードローンとキャッシングには、はっきりとした線引きがなくなってきているのも事実です。カードローンは10%くらいで融資を行っており、キャッシングは20%程度での融資を行っているという、金利面からの違いもあります。利息制限法にかすりそうなほど高金利で融資をしている消費者金融会社も存在します。キャッシングと、カードローンには、個別に違ったところがありますので、使いやすいものを選択してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ